2011年12月11日

ここ一ヶ月ほど冬コミに出す予定の同人誌を制作していました。
まだ終わっていないのですが、何とか間に合いそうな進行具合なので
ブログを更新しようかなと。

今回の同人漫画は3Dで制作しています。
3Dが受け入れられるのかはまだ不安なのですが
全ての素材を自分で作り、それで漫画を制作するのであれば
同人漫画として3Dもありなんじゃないかと自分は思っています。

現状はこんな感じで
けいおん同人誌
後は効果と噴出しを入れていくというところまでできました。
(今回、自分の漫画は14Pです。あとはしらたまの手描き漫画。)

なるべくCGぽくならないようにと色々試してみたのですが
まだまだな部分は多々あります。
これは数をこなしていけば良くなっていくんじゃないかと。

自分は絵を描くのが極端に遅いので、
3Dでの漫画制作は、すばやく作れる画期的な方法だと思っていました。
が、実際はかなり大変で時間かかり、理想とは程遠い進行状況でしたが。。。
ただ、作業がこなれてくれば自分が描くよりも圧倒的に早く
モデルを作れば作るほど使い回しがきくので楽になります。
なので次回も作るときは3Dで行こうかと。
手描きの方が味もあるしいいなぁとは思いますが
3Dでの漫画もこれからは増えていくんじゃないかと思っています。
コミPo!っていうソフトもありますしね。

また完成したら更新しようと思います。
posted by もへ&しらたま at 01:33 | Comment(7) | 同人&イラスト
この記事へのコメント
よい感じに3D臭さが抜けていて、しかも背景の奥行きもある、2Dと3Dが融合したような絶妙なバランスの絵になっていますね(^^)
Blenderの使いこなしが素晴らしいと思います。
Posted by いしだ at 2011年12月14日 15:31
すごいとしか言いようがありません!
自分は3DはMMDで楽器を持たせてる風に
するのがやっとですw
3Dで書く漫画とは新しい!!
次回も楽しみにしてます^^
Posted by 自由の女神 at 2011年12月14日 21:50
>いしださん
お褒めの言葉を頂き恐縮です。
今回はレンダリングした画像からグレースケールにする際に
キャラクターと背景は別々にレンダリングしPhotoshopで合成を。
画像だと分かりにくいのですが背景はキャラクターより目立たないようにトーン風に加工しました。
本当は全てノードで出来ればよかったのですが、ノードに関してはまだまだ分からない事だらけで…。
ただ印刷結果はどうなるか分からないので、何回か本を作ってベストな設定値が分かるのかなと思っています。
問題は絵に関しては3Dの技術が上がればクオリティが上がりそうなのですが
お話が絵のクオリティについていけてないのが…
漫画って絵だけではないので、やはり難しいですね(笑


>自由の女神さん
ありがとうございます〜。
3Dでの漫画制作は作る前はモデル作っちゃえば簡単に出来るとか思ってたんですけど
思ってた以上に大変でしたw
楽器持たせるのも指が食い込ませない様にするのとか結構大変ですよね。
でもこれも慣れだと思うので、地味に続けていこうと思います。
動画のほうも作っていきたいのでがんばります〜!
Posted by もへ at 2011年12月15日 22:19
すいません!
ちょっと教えてほしいのですが、blenderの出力画像って150ppiじゃないですかぁたぶん。Flashで開くと72ppiになるみたいで小さくなるんですよね。。。

TOPのあずにゃんのくるくる回るFlashをつくるとき、画像サイズ拡大とかしたんでしょうか?

時間が空いたときでいいので教えてほしいです〜(;ω;)
Posted by エクレア at 2011年12月17日 00:20
エクレアさんこんにちは〜

TOPのFlashを作った時は、Blenderで書き出した連番ファイルを一度AfterEffectsに読み込んで、位置やサイズの調整をした後に再び連番ファイルで書き出して、Flashに配置しました。特に半分に縮小されたりはしなかったので、間にAEを挟んだため解像度は調整されたのだと思います。
エクレアさんの書き込みを見るまではBlenderで出力した画像の解像度が150なのは知りませんでした。。(かなり大きめに出力して別のソフトでサイズを合わせていたので気が付きませんでした。)

確かにFlashに配置すると約半分の大きさに配置されてしまいますね。
一応ライブラリに配置された画像のプロパティを見るとピクセルサイズは元のままなので、そのサイズに変更すれば綺麗に表示されますが、少し面倒ですね。
あまり参考にならない回答で申し訳ないですm(_ _)m

Posted by もへ at 2011年12月17日 22:02
やはりAfterEffectsが挟んであったんですか。ですよね〜。

もへさんはillustratorでテクスチャ描かれてますけど、UVをillustratorに読み込むと、たぶん同じ理由で大きさ狂ったんじゃないですかね。
illustratorは72ppi仕様ですから。
photoshopで解像度は変えられますけど。

とにかくFlashで大きさを変更したのかなぁと疑問だったので解決できて良かったです。

(´▽`*)感謝です。blenderも2.61出ましたね。ブレンダー凄いですよね。自分も乗り換えてよかったぁ〜♪
Posted by エクレア at 2011年12月17日 23:26
そういえばIllustratorに出力したUVを配置したとき確かに大きさが違いました。あまり気にしないでサイズ変更してたんですけど、理由が分かってすっきりしましたw

Blenderは進化速いですよね〜。まだまだ使ってない機能が沢山あるのに、次から次へと新しい機能が追加されて。。。いまだにフリーというのが信じられないですね〜。
Posted by もへ at 2011年12月18日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −