2010年01月21日

昨年末から公開されている映画『アバター』見てきました。

3D映画の大作ということで話題にはなっていたのですが
映画が立体的に見えてもねぇ・・・と思い
DVD出てからでもいいかなと、スルーだったのですが
3DCGが凄いと聞き、なんとなく気になり
どうせ見るなら3Dで見てみようと、近所の映画館へ。
事前調べで、3Dだと字幕は見難いということらしかったので
吹き替え版を。

入場口ででっかい3D用メガネを借り
ちょっとかけてみると、少し暗くて見難いなぁと。
始まる前までは、あまり期待していなかったのですが
始まった瞬間から、いきなり立体的に見えてスゲェーー!
最初はちょっと酔いそうになりました。
慣れてくると平気になるのですが、立体的に見えるだけで
映画がこんなに凄くなるのかと、少し興奮してしまいました。
ストーリー自体は良くあるような話なのですが
3時間近い内容にもかかわらず、全編だらけずに見れました。
映像はとても綺麗で、CGも凄い。
(どっからどこまでがCGなのか、もうよくわかりませんでした。)
盛り上げるところはしっかり盛り上げてくれてると思います。
でも、この映画を3Dで見なかったらここまで興奮できたか分かりません。
これからは3D映画が増えていくんだろうなぁという実感がわきました。
ただ残念なのが、3Dメガネをかけると若干暗くなってしまう事。
メガネを取って見てみると、とても綺麗な発色しているのに
メガネかけると全部暗くなってしまいます。
調べてみると日本の映画館には4つの3D方式があるとの事。
中でも日本で4つの映画館しか置いていないIMAX3Dという方式は
他の3つの方式とは比べ物にならないくらい綺麗だとか。
もへが見たのはXpanDという方式でした。
今度はIMAX3Dで見てみたいなぁ〜
それと、吹替えでも劇中に何度か字幕が出てきたのですが
ほんと見づらかったです。
映画は基本的に字幕で見ていたのですが
3D映画に限っては吹き替えかなぁ〜
せっかくの3D映像も見逃すともったいないですしね。

でも、アニメは3D映画になるんですかねぇ??
posted by もへ&しらたま at 20:29 | Comment(0) | もへ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −