2011年05月26日

今回はMMDのモーションインポートから綺麗に踊れるようになるまで
やってみようと。

まず髪の毛にClothを使ってみようとネットで色々調べ試してみたのですが
最終的にボーンを使った方法に。

Cloth用とコリジョン用の簡易モデルを使うのですが
同じようなやり方をLightwaveでもやっていたので
特に問題もなくすんなり出来ました。
そしてこのClothの動きをボーンで追従させます。
あずにゃん制作05
ツインテールはこの方法で特に問題なかったのですが
前髪にも同じやり方でやってみようと試したところ


あずにゃん制作05
少し頭を動かすだけで、前髪が荒ぶる。。。
これは少し苦戦しました。
何とか見れる形にするまでパラメーターとの格闘です。
今のところ、少々顔や体に髪の毛が食い込んでしまうのですが
まあ、自分的には許容範囲かなぁと。
Lightwaveに比べるとClothの計算が物凄く速く、
簡易モデルならほぼリアルタイムで確認できるのがとにかく驚きました。
正確さは違うのかもしれませんが、何回も確認しなければならない作業なので
早い方が助かりますね。

その他、水着のスカート状のフリル?にもSoftbodyを適用。
やっていることは同じで、Clothの変わりにSoftbodyを使いました。

揺れ物が出来たので、
再びMMDからのモーションをインポートし揺れ物の動きを確認。
思ったよりも良い感じだったので、プレビューをしばらく見ていると
何か違和感が。。。
あずにゃん制作05
まず手が頭に食い込みまくる。そして足ががに股に。。。
ある程度はおかしくなるとは思っていたのですが
予想以上におかしいなと。
そしてこれを直そうと色々試すのですが
ここから長い戦いが・・・。

まず、おかしい所だけモーション直してしまえば良いと
DopeSheetのActionEditorでチマチマとモーションをいじっていたのですが
6000フレーム以上あるモーションを1フレームづつ確認して
直していたため、やたらと時間が・・・。
やっている間はなぜか楽しく、あまり苦にならなかったのですが
修正後にわくわくしながらレンダリングしてみると(これも結構長かった・・・。)
無理やり直してせいで余計に違和感が・・・。
ここで一気に脱力してしまいました・・・。
まあ、全然使い方がわからなかったDopeSheetのコマンドを片っ端から試しながら
作業をしていたので、モーションは無駄になりましたが操作は覚えられたかなぁ〜と。

次に元々のモデルが悪いと考え
MMDのモデルをいくつかインポートして研究させて頂きました。
ここで初めて有名なLat式ミクをBlenderで拝見。
仕組み自体は知っていたのですが、凄い技術だなと。
Blenderで見てしまうと、ちょっとしたショックなのですが
MMDのLat式ミクはほんと可愛すぎてマジ天使です。
それと、憧れのかこみきさんのモデルを参考にしました。
以前、ぱすてるインクの3Dモデルを見て感動し、メタセコイアを始めるも
あっさり挫折してしまったのは苦い思い出です・・・。
かこみきさんは、MMD用のけいおんモデルを配布しているのですが
見てしまうと影響を受けそうだったので、他のモデルを嘗め回すように拝見させて頂きました。
ほんと上手いわぁ・・・。
そして参考にさせていただいた結果、一番の違いは基本の立ちポーズ。
自分のモデルは足から頭までまっすぐに立っているのですが
MMD用のモデルは胸を張って少し背筋を反らせるように作るのが良いのじゃないかと。
あずにゃん制作05
見た目もこちらのほうが綺麗に見えます。
その他にも色々と修正を行い、ボーンの位置も参考にさせて頂きました。

そして再びモーションをインポートしてみると
何もいじらなくても違和感はほぼなくなりました。
手の長さの関係かボーンの位置なのか、
頭に手がめり込んでしまう部分はまだあるのですが
それも少々の修正で何とかなりそうです。
あずにゃん制作05
これでやっと次に進める。。。
次は制服を作っていきたいなぁと。
スカートのClothが難関じゃないかと予想しています。


前回のシェイプから2.57を使っているのですが
慣れてくると2.57はほんと使いやすいです。
最初は少し違和感がありますが、2.49からでもすぐに慣れると思います。
ちなみに2.57で保存したファイルは2.49でも読めたりするのですが
Clothを適用した辺りから2.49で読むと強制終了するようになりました。
また、ボーンに適用したConstraintも数値が変わっていたので注意が必要です。

posted by もへ&しらたま at 01:53 | Comment(0) | 3D関連(もへ)

2011年05月21日

いつかは買おうかなぁと思っていたQuadro600を衝動買い。
もうPCではゲームを一切しなくなったのでQuadroを選択です。
今まで使用していたのがGeForce9600GTなので
パワーアップを期待して交換です。

OpenGLのベンチマークで検索していたらSPECviewperfという
ベンチがあったので付ける前と後で比べてみました。


GeForce9600GT
Quadro600購入



Quadro600
Quadro600購入

という結果に。
9600GTと比べたらかなりの差が出たんじゃないかと思います。
実際ベンチマーク表示中の動きも9600GTはカクカクでしたが
Quadro600のときはかなり滑らかでした。

そして実際のソフト使ってみるとどうかなとLightwaveで以前重かったシーンを読んでみると
かなり滑らかに視点を動かせました。
Blenderのほうは今のところ重たく感じた事がなかったのでよくわからず。
今後に活躍してくれるのではないかと期待します。


posted by もへ&しらたま at 23:56 | Comment(0) | もへ日記

2011年05月19日

eBand JS-8を購入しました。

届いた箱はそこそこの大きさでしたが、中身は結構小さいです。
JS−8

これでamPlugから卒業です。
amPlugもあんなにコンパクトなのに結構いい音がするように思います。
ただ「サー」というノイズがどうしても気になってしまうのが残念。

このJS-8はアンプとマルチエフェクターとMP3プレイヤーが合体したような機械で
メモリにMP3ファイルを入れれば、曲を再生しながら演奏できます。
また、曲の区間リピートや音程を変えずにテンポの変更が出来るので
練習にはうってつけかなと。
またこの機械自体オーディオインターフェースとしてPCに繋げるので
いずれ役に立つ時が来るのではないかと自分にプレッシャーを。。。

肝心のギターの腕前は、少しづつは成長してるかなと。
どちらのギターも、毎日の練習だけは休まず続けてます。
ですが、ある程度聴けるような演奏が出来るのは、まだまだ遥か先になりそうなので
今はサボらないで続けることを第一目標にですね〜。
posted by もへ&しらたま at 01:45 | Comment(0) | もへ日記

2011年05月17日

またまたローソンへ行き、お買い物してきました手(グー)
今回はちょっと遅くて9時に。

でも、今日発売のものはとりあえず全部ありました揺れるハート
マグカップゼリーは結構可愛くて気に入りました
グッズは付箋、脂取り紙、デンタルキット。
ホッチキスは芯にまでイラストが描いてあるとか・・・
そんなの、もったいなくて使えないじゃないの〜!

とりあえず戦利品を・・・。
けいおん!!フェア2

またうちわが大量に・・・いい気分(温泉)


雑誌、四コマナノエースとニュータイプには日常の付録がついていたので購入。
組み立て式のペンスタンド。
ニュータイプにはストラップ揺れるハート
010003.jpg

ストラップ可愛い〜!
阪本さんの目が・・・
010004.jpg



そしてオマケにうちの阪本さんをば・・・目
010001.jpg

リアル阪本さん、何か怖い・・・あせあせ(飛び散る汗)

010002.jpg

おでぶ阪本さんです。
posted by もへ&しらたま at 19:31 | Comment(0) | しらたま日記

2011年05月11日

今回は顔周りから始めます。
ミクを作った時、まぶたはテクスチャで描きましたが
今回はメッシュでまぶたを作りました。

あずにゃん制作04
前回も使ってたリトポが便利だったので今回も活用。

目の周りをなぞりつつポイントを配置して、面を作ります。
眉毛も同じように作りました。

続いて瞳を。
こちらはテクスチャで描く事にしましたが
試しにBlenderのテクスチャペイントを使ってみました。
あずにゃん制作04
今回の目玉は球体を使ってます。
ミクの時は板状でしたが、やはり球体の方が動かすときに楽なんじゃないかという結論です。
とりあえずUV展開。

あずにゃん制作04
続いてテクスチャペイントで塗り塗りします。
UVのどこに瞳が来るかの確認したかっただけなので、適当に塗ります。

あずにゃん制作04
IllustratorにUVの展開図と先ほど塗った絵を配置して、下絵をなぞりながら瞳を描きます。
少し大きく塗りすぎたので、若干下絵よりは小さくしました。

あずにゃん制作04
つづいてマテリアルの設定。
Lightwaveの時は殆どノードを使わなかったので、
ノードに慣れる為にも積極的にノードを使うようにしようと。
色んなサイトを参考にしつつ設定。
今回はアニメ調でいくことに決めていたので、
マテリアルノードでのトゥーンのやり方をひたすらググリました。
おかげで少しはノードについての理解も深まったかも?
ブログ等でわかりやすく解説していただいているサイトも多々あり、
ほんとに助かりました。感謝!!

あずにゃん制作04
次にあまり深く考えずにシャイプ(モーフ)を作ってしまおうと
口と目で何個かシェイプを作ったのですが、これが後になって困ることに。。。

あずにゃん制作04
次にボーンなのですが、自分がBlenderをやりたかった理由のひとつに
VMDMotionImporterというツールを使いたかったというのがありました。
BlenderにVMDファイル(MMDのモーションファイル)をインポートできるツールなのですが
Blenderを全く触ったことがないときに一度立ち上げてみたのですが
全く操作がわからなくお手上げ状態でした。
なのでまずはBlenderを覚えようと。
おかげで今回はすんなり操作できます。
そして早速、制作者様のミクモデルからボーンをお借りして
あずにゃんの体に合わせます。
ここから先は、プーギーを作った時に体験済みなので
動かすところまではすんなりと行きました。

しかしここにきて、頭の大きさが再び気になり始めて
やはり小さくしよう!と。
その他にもいろいろ修正したい部分があり、メッシュをいじろうとしたときに問題が。。。
先に作ってしまったシェイプなのですが、
ベースとなるシェイプのメッシュをいじっても、
ベースシェイプの子となるシェイプには反映されないという事がここでわかってしまいました。。。
修正したい場所がシェイプの範囲外なら何とかなるのですが
今回シェイプを作った目や口を含んでいるとお手上げです。
エディットモードで頭を全体を小さくしたかったのですが、これじゃ無理かと。。。
ですが、何とかならないかなぁと調べてみると
2.5ではその問題も解決されているらしいと。
(ベースのシェイプをいじると、子のシェイプにも反映される)
そこで2.57をインストールして試してみると、問題なく修正できました。
最初はシェイプ全部消去かなぁと思っていたので助かりました。
こうなると2.57使いたくなりますねぇ。
修正するのにしばらく2.57を使ってたのですが、思ってたよりやりやすいなと。
ウェイトの修正は2.57のが全然楽でした。

これでとりあえず体が動かせるようになったのでレンダリング。
あずにゃん制作04
エッジについてまだ設定がよくわからず、
とりあえず標準のエッジを付けているのですが、自分的には太いです。
細くて綺麗な線は出来ないのかなぁ。。
とりあえずこれから調べます。
ひとまずここまでこぎつけたので良かったなぁと。


そして、VPVPwikiよりモーションをお借りしてインポートしてみたのですが
あずにゃん制作04
なんというかあっさりインポートされて
踊りだしてくれました。。。すげぇ。。。

骨やウェイトが、とりあえず付けただけの状態ですので
手足が急激に動くところは、見た目がかなり厳しくなります。
このあとは綺麗に動くように調整するか、それとも服を作るかでちょっと悩もうかなと。
シーンや物理演算も全く触ってないのでやっときたいなぁとも思います。




posted by もへ&しらたま at 02:40 | Comment(0) | 3D関連(もへ)

2011年05月10日

本日はけいおん!!フェアの日。
近所にローソンがあるので、早朝にしらたまと買いに行きました。
前日にそのローソンは朝7時から販売開始と聞いていたので
10分ほど前から行ってみたのですが、
もしかしたらもう待ってる人がいるかも?という予想に反して
一番乗りだったようで、しらたまが一番最初に商品選べました。
おかげで欲しかったものは大体手に入れられたので満足。

こちらが戦利品です。
けいおん!!フェア買えたもの
あず&唯に偏ってます。

タブレットとメタリックプレートがその店で入荷しなかったため、入手できなかったのですが
通勤時に通るローソンで運よくメタリックプレートを4枚入手。
欲しかった2枚が出たので嬉しかったです。


しかし、値段を殆ど見ずにレジに持っていったのですが結構な値段しますね。。。
ローソン恐ろしいわぁ・・・。
posted by もへ&しらたま at 21:59 | Comment(0) | もへ日記

2011年05月05日

ギターを練習するのが面白くなり、作業速度がますます落ちてますが
あずにゃん続きです。

前回、髪の毛をどうしようか悩みましたが
結局、ミクと同じような作り方にしました。
あずにゃん制作03
髪が見やすいようにマテリアルの色を変えました。

あずにゃん制作03
フィギュアの髪の毛っぽくなるように少し作りこみます。

あずにゃん制作03
後頭部はメッシュの流れがツインテールに適してないので、流れを変えます。
ミクのときはチマチマポイントいじって変えたのですが
今回はBlenderのリトポ機能を使ってみました。

あずにゃん制作03
元の後頭部をベースにポイントを置いていきます。
結構適当にやっても後頭部の丸みに沿ってポイントが置かれるので便利だなぁと。

あずにゃん制作03
こんな感じになりました。
リトポ使うとかなり楽に済むなぁ。。。
後頭部もこのあと少し作りこみます。

あずにゃん制作03
後頭部の次にツインテールを。
髪の毛に関しては、作りこむ前に全てUV展開だけは済ませてます。

あずにゃん制作03
あらかた完成したので、マテリアルの色をあずにゃんぽく。
それなりに見えるようになってきました。
この後は水着を完成させます。

あずにゃん制作03
首の紐がなかったので、ここでもリトポ使って紐制作。
かなり使える機能じゃないかと。

あずにゃん制作03
あとは腰周りのフリル?を作ります。
こういうの作るのは難しいですね・・・。

あずにゃん制作03
ひとまずテクスチャ前までは完成です。
現状だと自分的には頭が大きく見えてしまうのですが
アニメの頭身では頭の大きさと体のバランスは大体上画像のような感じなので
このまま進めようと思います。
テクスチャと骨が入ると印象が変わるかもしれないし。。。

次回はテクスチャから出来れば骨入れまで進めたいとこです。





posted by もへ&しらたま at 00:20 | Comment(0) | 3D関連(もへ)
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −