2011年03月13日

まだまだ不安なことだらけですが、
少し筒ですが落ち着いて来ましたね。
関東に住むもへしらは無事に済みましたが
被災地の方々の心情を思うととても辛いです。
一人でも多くの無事を祈ります。

もへは地震当時東京にいました。
地震が起きた瞬間は、比較的静かに始まったので
先週から続く地震かなぁと思ったのですが
どんどん揺れが大きくなっていき
立つのもやっとな状態になり
これはマズイと思い
すぐに非常階段から地上に下りました。
(居たのは建物の4階でした。)
地面に降りても、ぐらぐらと揺れが続き
周りはビルだらけだったのですが
高層ビルが鉛筆を上下に振った時の様に
グニャグニャと揺れて見えたのが印象的でした。
それから一時間ほど比較的安全そうな線路沿いにいたのですが
線路には山手線が止まった状態で、中に乗客が閉じ込められてるのが見え
余震は絶え間なく続き、ほんとどうなっちゃうんだろうなぁと。
そこからは電車が動かないことが分かり
帰宅難民になってしまいましたが、幸い東京に兄が住んでいたため
その日は兄の家を頼り、なんとか夜を過ごすことができました。
とはいっても兄の家も結構距離があったので3時間ほど歩くことになったのですが。。。
歩いて向かう最中は、道路は大渋滞で車はまったく進むことができず
また、交通機関が動かないため歩道も人がいっぱいでした。
みんな疲れきった顔で、ただひたすら歩いている光景を見て
少し前に放送していた東京マグニチュードというアニメを思い出しました。
被害の規模は全然違うのですが、こんな光景を実際に見ることになるとは。。。
そして兄の家でテレビを見て、初めて地震の全貌を知ったのですが
震源地近郊のあまりの酷さに衝撃を受けました。。。

次の日には自宅に帰ることができたのですが
いまだに続く余震は不安になりますね。。。
もう何も手につかず、ニュースを見続けるばかりです。。。
posted by もへ&しらたま at 20:35 | Comment(2) | もへ日記
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −