2010年07月05日

前回インストールした3D-COATを少し使ってみました。
説明書は日本語ではないのですが、公式サイトにあるチュートリアルを見てみたらなんとなくできるような気がしてきました。
それとインターフェイスが日本語なのも助かります。

服のシワをとりあえずつけてみようと、前回に作ったシワをつける前のモデルをインポート。
3D-Coat練習@_1

3D-COATは、lwo形式に対応してるので特に問題なくインポートできました。
UVマップは自動を選んだのですが、少しいじってみようとUVモードに
オートで配置したUVから、UVの切れ目を変更して作り直しを
3D-Coat練習@_2

ちょっといじっただけなのですが、UVマップを作るのがLWより圧倒的に作りやすいです。
配置されたマップをいじるのもとても楽なので、LWでちまちまUV作ってるのがアホらしくなってしまいます。
これだけでもこのソフト使いたくなります。

つぎにペイントモードで、深度チャンネルだけで塗り塗りしてシワを。
さすがにマウスではやりにくいのでタブレット使いました。
3D-Coat練習@_3

とりあえず試しなので適当に塗り塗りしただけなのですが結構モリモリできるなぁと。
そしてlwo形式にエクスポート。
ノーマルマップ用のテクスチャも一緒に書き出されます。

エクスポートしたファイルをレイアウトで読み込むと
ノーマルマップのノード編集もすでに適用されていました。
3D-Coat練習@_4


あとはレンダリングしてみると。。
3D-Coat練習@_5

キチンとシワがついてます。。。
これは。。。楽だ・・・。
シワはちょっと適当に描いてしまったので汚いのですが、LWでポイントポチポチ動かしてるよりも圧倒的に早くできました。
この一連の流れがチュートリアルのビデオを見ただけでできたので、チュートリアル大事だなぁと。
他にもいっぱいあったので全部見てみようと思います。

このソフトはリトポという作業も強力らしいのでそれも試さないと。
体験版試用期間中に購入すれば値引きがあるので、早いとこ購入するかどうか決めようと思います。
posted by もへ&しらたま at 00:13 | Comment(2) | 3D関連(もへ)
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −