2010年05月15日

前回の続きです。

照明の効果についてどうしようか色々と試してみたのですが
レンズフレアを使えば、かなり照明ぽく見える上に
レンダリング時間がとても短かったため
これしかない!という感じで点ライトを沢山並べました。。

ステージ製作A01
トラス上の照明はこれでいいかなと思います。


続いて霧をステージ上に再現したかったので
まずは特殊効果の背景に霧を再現させるフォグオプションを使ってみたのですが
水平線の向こうまで霧が発生するような表現になってしまい
背景の暗い部分にまで霧がかかって、これは駄目かなと。。。

次にいままで触ったことの無かったパーティクルを試してみました。
とりあえずマニュアルを見ながら練習。
新規レイアウトにパーティクルエミッタを配置。
ステージ製作A02
色々とパラメーターをいじってみると花火みたいな動きになりました。
これは面白いです。
AE基本のパーティクルは少々使ったことがあるのですが
Lightwaveのパーティクルの方が圧倒的に出来ることが多そうです。
これは練習のしがいがあります。

つづいてこのパーティクルを霧状にするためにハイパーボクセルをエミッタに適応しました。
ハイパーボクセルを使ってみたのも初めてですが、コレもすごいなぁと。
パーティクルの点に体積を持たせる感じなのでしょうか。
少しいじってみると、硬いものや、やわらかいものが表現できるみたいです。
とりあえず煙みたいにしたかったので、オブジェクト種をボリュームに。
ステージ製作A03
パーティクルの点一つ一つが煙みたいな形に変わります。
爆発みたいな表現もコレを使うんだなぁと。。
これを散らして半透明になるようにすれば霧っぽくなりそうです。
ただ、オブジェクト種がボリュームだとレンダリング時間がかかります。。(T-T)

オブジェクト種にはもうひとつスプライトというものがあり(サーフェイスというのもあります)
こちらはレンダリング時間が早いです。
説明によるとボリュームの真ん中をスライスして一枚の絵にしたようなものらしいです。
なので軽いのですね。
ステージ製作A04
オブジェクト種をスプライトに変えただけですが
結構見た目寂しくなっちゃいます。
でもレンダリング時間は圧倒的に速いし、これでも霧には見えそうです。

この、ボリュームとスプライトで思い出したのですが
前回、レンダリング時間長くて駄目だぁと言っていた、ボリュームライトの設定にも
このスプライトモードという項目がありました、
試しにチェックしてみると。。。レンダリング時間が早い・・・。
見た目は円錐が平面の三角形になったように見えますが
今回は平面的に見えても問題ないかなぁと。

そして、ステージ上に霧っぽく見えないかなlと期待して配置したエミッタと
前回のムービングライトに付けたボリュームライトをスプライトモードにして再び配置。
ステージ製作A05
もうほとんどこれでいいんじゃないかなと思います。
ボリュームライトの表現は、一度円錐状のオブジェクトを作って半透明にして配置してみたのですが
オブジェクトの境界線がはっきりしていていまいちでした。
今回ボリュームライトをすばやくレンダリングできるやり方がわかって嬉しかったです。
マニュアルにはちゃんと書いてありましたが。。。読まなきゃ駄目ですねぇ。

最後に、どんな感じになるかなぁとミクを配置してちょっとポーズ付け。
少し黄色が強いですがこんな見え方もいいなぁとおもいます。
ステージ製作A06クリックで大きく表示します。


次回は動かしてみたいと思います。
が・・・
レンズフレア早くて最高!と思っていたのですが、ミクを配置して色んな角度から見てみると
問題がありそうです。
どうも、レンズフレアはオブジェクトを突き抜けて見えてしまうようで。。。。
ミクの体貫通して光が見えてしまう感じです。
レンズフレアのオプションで多少いじれますが、解決するには至らない気がします。
なので解決策は別々にレンダリングかなぁと。まだわかりませんが。。。
また、音ともあわせてみたいので、次回の記事は時間がかかるかもしれません。

レンダリング時間をなるべく軽くしようとは心がけてるのですが、
今の状態でも、結構時間かかるようになってしまいました。
なので、10秒くらいのなんちゃってDIVA-OPみたいなのが作れたらなぁと〜


posted by もへ&しらたま at 23:58 | Comment(4) | 3D関連(もへ)
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −