2010年05月09日

久しぶりの3Dです。

背景についてはまだなにも作っていなかったので
練習がてらにステージを作っていこうと思います。
ステージ制作にはProjectDivaオープニングムービーのステージを参考にしています。
目標は、あのOPムービーのように出来たらなぁ〜と!


ステージの素材はネットで調べつつ制作。
照明やステージ用の機材は名前も良くわからなかったのですが
調べるうちに色々と名前もわかるようになって楽しかったです。
制作自体はどうせ細かいところは見えないだろうと、結構適当に作りました。
ポリゴン数も減るしちょうどいいかなぁ〜と。
硬いものを作るときはグリッドスナップを有効にした方が作りやすかったです。
ステージ素材作成01
ライブステージとかでよく見る鉄パイプが組み合わさったような物は、トラスシステムというそうです。
初めて名前を知り、ちょっと嬉しい。。
このほか、モニターとステージ土台、フットライトを作りました。


この後、制作したパーツをモデラー上で配置してステージを形作っていきました。
ステージ素材作成02
市松模様の部分はテクスチャを張る箇所です。
最近知ったのですが、UVマップを作るときは
あらかじめ市松模様の画像を作っておき、一度その画像でテクスチャを張り
市松模様の画像がゆがまないように、UVを調整するのが良いようです。
確かにこの後テクスチャの画像を制作する際に、ゆがみを心配せずに作れたので便利でした。


続いてレイアウトに移ってステージを配置。
その際に制作したテクスチャも張り替えました。
基本的に動く素材は無いのですが、ムービングライト(手前の2機)だけ
首を振れるようにしたかったので、動くように仕込みました。
ステージ素材作成03
モニターのテクスチャーは動画にする予定なので、今回は代わりの画像を張ってあります。
ライト(平行)は上方に4つ配置してみました。
一度ボリュームライトを使ってみたかったので、ムービングライトにスポットライトを配置。
青っぽい色にしてボリュームライトを適応してみました。


一度この状態でレンダリング
ステージ素材作成04
照明効果を入れてないので寂しい限りですが、雰囲気は出てると思います。
ボリュームライトは綺麗なのですが、レンダリング時間がとても時間がかかります。

この画像でボリュームライト有り無しのレンダリング時間が
有り・・・1分30秒
無し・・・7秒

これは圧倒的に時間がかかりすぎ。。。
ボリュームライトを増やせばもっと時間がかかるので、これは使いたくないなと思います。

照明効果についてはLightwaveで作った方がいいのか、AfterEffetcsで作った方がいいのかまだわかりません。
レンダリング時間を出来るだけ減らしたいので、調べるためにも一度Lightwaveで作ってみようとは思います。
それとスモーク効果もやってみたいのでコレも次回にはやってみようかと。
プシューと上に吹き上がる蒸気みたいなこともやってみたいです。
DIVAのオープニングはキラキラ綺麗なので、あのように光らせてみたいものです。

その後にミクを配置して動かしてみて、簡単な動画にするのを目標に進めていきます。
まあ、今は音楽の学習を重視してますので、3Dに関してはのんびりとで。。。。
肝心の音楽は。。。まだまださっぱりですが。。。


posted by もへ&しらたま at 23:38 | Comment(3) | 3D関連(もへ)
− 画像や映像等の無断使用・直リンク・転載・二次配布はご遠慮願います −